14春闘勝利3.6中央行動  賃上げと雇用の安定を

 全労連・国民春闘共闘の「3.6中央行動」が、3月6日霞が関・国会周辺で展開されました。早朝宣伝行動や国会議員要請行動、国会請願デモ等に4千人が集まりました。特殊法人労連は午前中の厚労省・人事院前行動から、日比谷野外音楽堂の総決起集会、国会請願デモ、公務労働者決起集会に、水資労・全基労・原研労・学支労等7名が参加しました。
 厚労省前行動では、主催者あいさつした伊藤東京地評議長が「賃上げと安倍暴走政治をストップさせるため、14春闘を全力でたたかおう」と呼びかけ、全労協の中岡事務局長が激励あいさつに駆けつけました。偽装請負で提訴した印刷労働者や、社保庁の解体で分限免職となった全厚生闘争団から決意表明が述べられました。
総決起集会では、全労連の大黒議長が「賃上げこそ景気回復の道だ」、JAL争議をたたかう航空連の津惠(つえ)事務局長が「リストラでは空の安全は守れない」、MIC(マスコミ文化情報労組会議)の日比野新聞労連委員長が「琉球新報への政府による弾圧に抗議する」とあいさつしました。
 日本医労連は4万円の賃上げ求め、自交総連は「夜行バスの事故は、規制緩和がもたらしたもの」と抗議。舞台と会場が一体となって、ベア実現と安倍政権の悪政阻止を誓いあい、国会請願デモと銀座パレードに向かいました。写真は日比谷野外音楽堂の総決起集会。
 最後に、公務労働者は全労連公務部会主催の「『給与制度の総合的見直し』阻止、総人件費削減許すな!」と決起集会を開き、500人が参加しました。公務5単産の代表が決意を述べ、特殊法人労連は平岡議長が「特殊法人職場にも国家公務員の賃下げ特例に準拠した賃下げが押し付けられた。『給与制度の総合的見直し』も波及するだろう。断固反対する」と決意を表明しました。
最後に団結ガンバロウを三唱し、春闘勝利に向けて奮闘する決意を固め合いました。

(c)2001 Tokhoren.com. All rights reserved.